2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.02 (Tue)

基本生活費考(賃貸か持ち家か?)

今年は家を新築するので、あらためて現在と今後の基本生活費について考えてみた。

 

現在の基本生活費(1ヶ月当たり) 

 住居費   賃料63,000円+月割換算更新料2,542円

 水道光熱費   平均4,400円、3月以降は+下水道料金1,000円

 通信費   5,300円

 食品・日用消耗品費   平均10,000円

 予備費   10,000円

 その他(所有する不動産に掛かる経費)   平均3,000円 

 

※固定資産税・都市計画税・保険料・医療費・冠婚葬祭費・交際費は別途(通常年額20万円程度)

 

 

新築後の基本生活費見込み額(1ヶ月当たり)

 自治会費(強制寄付金含む)   625円

 水道光熱費   6,000円

 通信費   5,300円

 食品・日用消耗品費   12,000円

 予備費   10,000円

 

※固定資産税・都市計画税・保険料・医療費・冠婚葬祭費・交際費(年額30万円程度)

 

 

新築後は別宅経費と家賃を払わなくて済む(ローンを組まずに現金で建てる)ので月額約68,500円減るが、所有する不動産の価値が上がるので固定資産税・都市計画税・火災保険料が8万円ほど増える見込み。 さらに現在の居住地より交通の便が悪くなり、物価も高くなるので交通費・食品・日用消耗品費も1~2割上昇する見込み。 よって年間支出額は新築により約71万円減少する。 

 

木造の建物(住居)の耐用年数は22年だから、結論として建築費用が1,562万円未満ならば賃貸より持家の方がお得ということになる。 でも実際には22年間メンテナンスフリーなんてことはないだろうから、損益分岐点は1,260万円というところか? 

 

平たく言うと、我が家の場合

新築することにより金銭的には損をするということ。(-_-)

ま、31年以上住めば元が取れるかもしれないけどね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 家計簿 - ジャンル : ライフ

タグ : 家計簿 マイホーム

23:45  |  お金のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。